<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Dancing the Dreamのまろんさんが
1/30~2/5 DISCYUさんのロンドンツアーに参加されました。
ライブの模様をレポくださいましたので、ぜひご覧ください!
001.gif



■ ■ DISCYUロンドンLIVEレポート ■ ■

written by まろん
2013年1月30日から2月5日まで、DISCYUさんのロンドンツアーに参加させていただきました!
DISCYUさん初のロンドンツアー。私にとっては初めてのイギリス、初めてのヨーロッパ。
参加することが決まったときからずっと楽しみにしていました。本番当日のレポートです!003.gif

a0189997_022191.jpgライブ会場

2013年2月2日(土)
最初は、ちまさん、エイケルさん、サミンダさんによる、The Pussycat Dolls(プッシーキャット・ドールズ)のパフォーマンスでした。
彼女たちのパフォーマンスは、とにかく色っぽくてセクシーで、それでいてかわいくていやらしさがなくて、とても素敵!
DISCYUの女性陣たちは、普段から色っぽいダンスが得意だと感じていましたが、プッシーキャット・ドールズは、その特徴を生かすのに最適だと思いました。
イギリスでは人気があるようで、お客さんはとても喜んでいました。特に男性受けするパフォーマンスでした。
 
a0189997_0194486.jpg休憩をはさみ、次はBEATさんのパフォーマンスです。BEATさんは、BADツアーの再現でした。
ついにロンドンでマイケルのパフォーマンスが見られる!私の気持ちもますます盛り上がってきました。
「スタート・サムシング」から始まりました。
今回もBEATさんのマイケルは、BADツアーのマイケルにとっても忠実で、まるでそこにマイケルがいるような気持ちになりました。顔の表情、細かい手振り、すべてがマイケルそのものでした。
私にとって特に印象に残ったのは「ダーティ・ダイアナ」です。哀愁とか苦しみとか、そんな感情がBEATさんの全身からものすごく漂って来て、こちらにも痛いぐらい伝わってきました!
特に2番の歌詞の最初の方で座り込んでうなだれるところは、見ている私まで苦しくなり、胸が締め付けられる思いがしました。
ただ踊るだけではなくて、役者のように感情表現もできてしまう・・・。それは本当に、BEATさんがマイケルになりきっているからこそできることだと思いました。
また、JACKさんのギタリスト役も素晴らしかったです。BEATさんとJACKさんの、「役者」としての面を堪能することができました。
他のBEATさんのパフォーマンスも、もちろん素晴らしかったです。
「スムース・クリミナル(スムクリ)」は、とても動きが滑らかで美しかったです。
BEATさんのスムクリを見ていると、「スムクリってゼログラビティ(ゼログラ)が無い方がいいなあ」と思ってしまいます。
「ビリー・ジーン」もとても印象に残りました。ムーンウォークのところでは、観客がとても盛り上がっていました。BEATさんのムーンウォークとつま先立ちは、いつ見ても完璧で美しく、今回も観客と一緒に盛り上がってしまいました。

最後は皆が登場して、「BAD」で締めくくりました。
「BAD」は、ショートフィルムではとてもかっこいいけど、ライブでは、とてもかわいい感じになっていて、個人的にはそれが気に入っています。DISCYUの皆さんも、とてもかわいく踊っていて、キュンとなりました。
BEATさんのBADツアーは、本当に、BAD時代のマイケルを感じさせるものでした。
20代後半のマイケルの、エネルギッシュな動き、シンプルだけどキレのあるダンス、時折見せる恥ずかしそうなかわいい表情・・・。そんなマイケルの一つ一つを、忠実に再現していました。
BEATさんのすごいところは、その、再現する力、完全にマイケルと一体になりきる力だ、と感じました。BEATさんは、ただダンスを上手に再現しているだけではないのです。ツアー全体を通してのマイケルそのものを完全に再現しているのです。
そんなパフォーマンスに私は心から感動しました。ぜひBEATさんには、これからも、「ツアーの再現」をしてほしいな、と思いました。BADツアーだけでなく、デンジャラスツアー、ヒストリーツアー、THIS IS ITツアーも・・・。
それぞれの時代の、それぞれのライブでのマイケルの雰囲気を、上手に表現できると思うのです。
ぜひぜひお願いします♪
インパーソネーターは、ただダンスが上手に踊れれば良いのではないんだな、ということを改めて認識しました。ライブを再現するのであれば、そのライブでアーティストが見せる表情、感情、醸し出す雰囲気、そういうものも含めて再現してこそ、人の心を動かす「ものまね」になるのだと感じました。
BEATさん、JACKさん、その他DISCYUのメンバーは、そんな、ダンス以外の再現もとても優れています。今回、特にそれを感じることができました。
a0189997_021956.jpg
45分ほど休憩をはさみ、次は、JACKさんのパフォーマンスです。
JACKさんは、THIS IS ITパフォーマンス、ということでしたが、実際には、デンジャラスツアーとTHIS IS ITをミックスしたような感じでした。
1曲目は「JAM」。サングラスを外す仕草から、もうかっこ良くて興奮です♪個人的に、マイケルのダンスの中でも特に好きなダンスなので、そのまま興奮した気持ちで見ていました。
JACKさんのJAMは、特に迫力があってかっこいいです!
JAMは、途中からバックダンサーが出てくるところも好きなのですが、バックダンサーの方たちも、息ぴったりで、素晴らしいダンスを披露していました。
「スムクリ」も、とても印象に残りました。
BEATさんのスムクリでは、「ゼログラが無い方がいいなあ」なんて考えてしまった私ですが、JACKさんのスムクリを見たら、「やっぱりスムクリはゼログラだなあ」と思ってしまいました。
(^^;)))
JACKさんのゼログラは、とにかくかっこいいのです!見とれてしまいます。会場も、ゼログラのときは特に盛り上がっていました。ロンドンでは(日本でもそうですが)、スリラーライブなど一部を除いて、ここまで忠実にゼログラができる人はいないのかもしれないな、と思いました。
「スリラー」もとても良かったです。今回は、スリラーの後で「モンスター」をやっていました。
私は「スリラー→ゴースト→スレトゥンド」および「スリラー→ゴースト→モンスター」の流れがとても好きなのです。
「スリラー」だけで終わると物足りないぐらいです。だから、「モンスター」が始まったときは、ゾクゾクと、興奮と感動が入り混じった気持ちになりました。
JACKさんもバックダンサーも、本当のゾンビみたいで、不気味な雰囲気を出しながらも、優雅さとか美しさとかも備わっていました。
「モンスター」は2BADとほとんど同じ振り付けですが、私自身がちょうど今2BADを練習しているので、余計振り付けを深く見ることができました。私もこんな風に踊れたら・・・と考えてしまいました。
JACKさんのステージも、どれもすごく素敵でしたが、特に印象に残ったのはバラード系でした。
「スピーチレス」は、THIS IS ITの映画の中と同じく、ほんの少し歌っただけでしたが、すごく切ない雰囲気が出ていました。
「ユー・アー・ノット・アローン」では、会場が特に盛り上がっていました。
イギリス人はバラード系が好きなのかな・・・とも思いましたが、やはり、JACKさんのパフォーマンスに心打たれたのだと思います。穏やかで優しいマイケルがそこにいるような、そんな気持ちになりました。
最後の「マン・イン・ザ・ミラー」では、会場全体が感動と一体感に包まれていました。
本当にマイケルのライブみたいだな、と思いました。
私は今まで、「マイケルを演じるライブを見る」というと、どうしても難易度の高いダンスを見ることばかりに関心がいってしまっていました。
特にJACKさんは、難易度の高いダンスをとてもかっこよくこなすので、とにかくダンスが見たい!と考えていました。でも、今回、JACKさんのバラードを見て、その考えが覆りました。
こんなにも、インパーソネーターとして、マイケルのバラードを忠実に感動的に再現できる人はいない、と思いました。これはやはり、JACKさんの、マイケルに対する研究と愛情によるものなのでしょう。もっともっと、JACKさんのバラードが見たくなりました。
ダンスの迫力と、バラードのしっとりとした大人な雰囲気と・・・この両方を味わえるのがJACKさんのパフォーマンスの魅力です。

アンコールは「ビート・イット」でした。
このアンコールの曲目は突然言われたものらしく、準備がほとんどできなかったようですが、そうとは思えないぐらい、アンコールを飾るにふさわしい、完成度の高いパフォーマンスを披露してくれました。特に、最後にみんなが仲直りして踊るところは、ライブが終わる・・・という思いもあって、感動的でした。

これで、DISCYUさんのライブは終わりました。
見ている私にとっては、あっという間に過ぎてしまった時間でした。
いろいろと大変な状況の中、とても素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました!今後のDISCYUさんのますますのご活躍を心から期待し、応援しています。そして、ぜひまた、国内や海外のツアーに参加したいです!本当にありがとうございました!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------

DISCYUさんのLondonライブは、前売券345枚+当日券400枚が売れ
多くのファンが会場に足を運び、それはそれは大変盛り上がって大成功に終わりました!003.gif
パフォーマンスを生で見たUKのファン達は、興奮した様子で
「DISCYUのライブを日本に見に行きたいよ!」 と言っていました。
World WideなDISCYUさんを、これからも応援しましょうね~!

------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
New year's Lesson 2BAD!
a0189997_032325.jpg

2013年もどうぞよろしくお願いします。 003.gif
新年スタート練習曲は、2BAD! 繰り返しのフリが多い曲ですが、
時間をかけて練習したいと思います。You 新年から きちゃいなYo!
 

a0189997_11191198.gif
練習会申込フォーム/PC・スマホ用

練習会申込フォーム/携帯用
a0189997_11191198.gif

■1/14(月・祝)
13:00~16:00
JACK先生練 2,500円
笹塚区民会館(笹塚から徒歩8分)
※15:00~16:00は、軽食をご用意します。これからまた1年、みなさんがケガなく楽しく
練習に参加できるよう、簡単な新年会をしたいと思います。 どうぞよろしくお願いします003.gif


■1/26(土)
18:00~20:00
自主練 1,000円
幡ヶ谷/地域交流センター西原(幡ヶ谷から徒歩8分)


a0189997_11191198.gif

a0189997_16502947.gif

a0189997_17321663.pnga0189997_17324693.png

a0189997_17453091.pngd.d.mj@d8.dion.ne.jp

About D.D.



072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif
 D.D.では、マイケルにまつわるアイテムを作ってみたいと思います。
 自主練、練習会後の、NJ委員会で
 皆さんのアイディアやこだわりを出し合い
 根気よく情熱をカタチにしていきましょう!
 みなさんの豊かな五感をいかしてくださいね~♪
072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif



.
[PR]